日本発、画期的アイディア「ソーラー繊維」

ソーラー繊維ソーラー繊維で、移動中であっても電力をとりこむことができると話していた日本の研究者が、ソーラー繊維の服を発表しました。これにより、文字通りわたしたちの生活は明るくなるでしょう。
非常に薄いソーラー繊維によってつくられた新素材によって、携帯電話や、他の電気機器を自分の着るセーターやジーンズから充電できるようになります。

しかし、その新素材を市場に売り出すには、未だ課題は多いようです。日本の福井県にある産業技術センターの関係者は、「われわれがこの製品を商品化するには、伝導ワイヤーのコーティングや、繊維の耐久性の改善など、解決しなければならない点がまだたくさんあります。」と言います。「しかし、現時点ですでに、われわれの発明に興味をもってくれた製造者何人かとは交渉段階にあります。」

産業技術センターは京都に拠点を持つソーラーセル製造会社や他の会社とともに開発をしてきました。

太陽光発電は近年になって日本で再認識されるようになっています。ここ何年かで最悪の事態となった、昨年の津波による福島原発事故の影響の余波の中で、日本国が代替の電力源に模索するようになって以来、太陽光発電への関心はより一層高まっているようです。

参照:http://econews.com.au/news-to-sustain-our-world/solar-cell-fabric-really-bright-idea/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>